桜坂なかやまこどもクリニック

こどもの病気について

こどもの病気について
アデノウイルス感染症
アデノウイルスは高熱とともに、目、のど、お腹などでいろいろな症状をおこします
症状
・扁桃炎・咽頭炎
のどが赤くなって痛くなったり、扁桃に白っぽい膿のようなものがついたりします。
39度以上の高い熱が約5日間続きます
・咽頭結膜炎(プール熱)
咽頭炎と結膜炎(目が赤くなり目やにが出たりします)を同時におこします。咽頭結膜熱は、乳幼児から学童・生徒などの間に流行することが多く、また、一部は夏にプールで感染することもあるため、プール熱ともよばれています
・胃腸炎
発熱、腹痛、嘔吐、下痢を伴います。嘔吐下痢症様の症状になります
治療
アデノウイルスを殺す薬はありません
数日かかりますが自己の免疫力でウイルスを排除できます
病気が治るまでは安静・水分補給が大切です
アデノウイルス感染では高い熱が続くことが多いので、高熱で元気がないときは解熱剤を使って楽にしてあげます


Copyright (c) 2019 桜坂なかやまこどもクリニック. All Rights Reserved.