桜坂なかやまこどもクリニック

こどもの病気について

こどもの病気について
ヘルパンギーナ
乳幼児のあいだで春~夏にかけて流行し、38~40℃の高熱が2~3日続く夏風邪のウイルスで起こる病気です。
原因と症状
主にコクサッキーA群ウイルスなどが原因となり、ウイルスが咳やくしゃみで飛び散り、それを吸い込んで感染(飛沫感染)します。便から排泄されたウイルスが手につき経口感染することもあります。潜伏期間は3~5日くらいです。
ほとんど5歳以下がかかります。
38~40℃の高熱がでて、喉の奥の口蓋垂(のどちんこ)の根本付近にふくらんだ水疱が数個~十数個できます。水疱が破れると、ただれて潰瘍になり喉が痛くなります。ひどくなると水も飲めなくなります。
咳や鼻水はありません。
熱は2~3日で下がり、水疱も一週間くらいで治ります。
治療
熱や喉の痛みをおさえる薬を飲むなどの、対症療法を行います。抗生剤は効きません。
脱水症になっている場合は、点滴が必要な場合もあります。
口の痛みが強くて水分もあまり飲まない時、高い熱が3日以上続く時、元気がなくなってぐったりしている時は、病院に受診しましょう。


Copyright (c) 2019 桜坂なかやまこどもクリニック. All Rights Reserved.